娯楽の見物


さて今回の話題はスポーツ観戦や観劇についてです。

 

多数の人間が暮らしている都市において、衣食住はもちろん重要ですが、それだけで人間が暮らしていけるというものではありません。退屈を紛らわせる娯楽としての見世物が必要になるのです。

 

まず理解していただきたい前提として、この街にはテレビやラジオがありません。魔法などによる遠隔地への映像・音声の伝達手段はありますが、少なくとも一般に広く使われるようなレベルでは存在していません。

テレビ中継やCD、DVDの販売はありませんから、演劇、コンサート、サーカス、スポーツなどの娯楽は劇場やコロシアムに行って実物を見ることになります。

ちなみに印刷技術は存在しているので、文学や絵画などは大量印刷によって広めることができます。そのため試合の観戦記録や演劇の台本といった出版物は存在し、人気のある題材であれば比較的容易に入手できることでしょう。

以上のような理由から、街を離れてしまうと俳優やスポーツ選手の知名度は大きく下がるのですが、噂だけは流れることになります。

 

こうしたイベントは一種の祭りであり、大きなイベントの場合は会場の周辺に出店が並び、大道芸人が芸を披露したり花火が打ち上げられたりすることもあります。異国から連れて込まれた巨大な動物が宣伝のために往来を闊歩する姿も年に数回は見られます。こうしたイベントは地元の権力者が仕切っており、出店料を払うことでよい場所を確保できるようになっています。

 

人気のあるスポーツは球技の一種で、ボールを敵陣に入れると得点となるものです。手足ともに使用が許され、かなり荒っぽいプレイが認められています。しばしば乱闘となりますが、これも見世物の一部なのです。

演劇や歌唱、楽器の演奏は個人の技術のみで成立するわけではなく、脚本家、作曲家、作詞家といった専門の職業が一応成立しています。ただしその人数はそう多いものではありませんし、舞台に立つ演者ほど人気のある仕事でもありません。

 

人気のある俳優、スポーツ選手、歌手などは子供の憧れる職業でもあります。高い知名度に加え、高額の収入を得ることができるのですが、人気と実力が維持できる期間はさほど長くありません。

おおよそ10年から20年で引退してしまうことが多く、その後の人生はさまざまです。引退後は裏方などをして暮らすことが多いようですが、社交界にデビューすることで貴族や豪商と結婚したり、あるいは愛人となることもあります。なかには職業を変えて成功するケースもありますが、なかなか難しいようです。

 

ほかには伝統的な物語や笑い話などを見せる話芸、演芸の類もあり、これらは演者への身体的負担が比較的少ないためかなりの高齢になるまで現役で演じ続けることができます。

 

こうした華々しい芸能とは別に、アングラな出し物や非合法な芸を見せる場も存在します。異国の奇怪な動物や標本の展示などが知られていますが、噂によると人間同士、あるいは人間と怪物の殺し合いや性行為などを見世物にするようなこともあるとのことですが、ほとんどは尾ひれのついたうわさ話であって、実際のところは明らかではありません。

 

なおキャラクター作成時に適切な特技を取得している場合、こうした芸能人やスポーツ選手としての身分であるものとしてキャラクターを設定することができます。

(保住実)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">